30代の転職で内定を勝ち取るコツ

 一般的に30歳を超えると転職の難易度が上がります。しかし転職を考えるのも30歳前後が多く、難易度が高くとも転職を志す人は多いでしょう。現役面接官の立場から、30歳を超える方が内定を勝ち取るコツをお教えます。

 

 30歳を超える方の場合、選考ではポテンシャルもさることながら過去の実績を見られます。営業であれば予算の達成度合い、ITエンジニアであれば、使用言語の経験年数はもちろん、作業レベルだけなのか設計など上流工程も経験しているのか、今までの経験が見られます。

 

 内定を取るにはまず書類選考を通らねばなりません。そこでアドバイスです。もし志望している会社に募集要項に対して、自分のキャリアやスキルが劣っている場合、入社後にリカバーできる範囲であれば少し大げさに書きましょう。

 

 営業でしたら達成率や達成予算を少しだけ上方修正、ITエンジニアであれば、リーダー経験や、設計経験を書くのです。とにかく書類が通過しないことには始まりませんから、まずは書類を少しお化粧することです。

 

 実際のところ、書類選考の段階では、その方のスキルを厳密に見ているのではなく、会う価値があるかどうかをざっと見て判断しているに過ぎません。上方修正した部分のスキルが本当に求められているかは応募の段階では分かりませんので、まずは会ってもらえるようすることが重要です。

 

 そしてめでたく面接を迎えたらどうするのか?コツはしゃべりすぎないことです。求められてもいないことをベラベラ話すと、本当は重要でなかったのに、流れ上、露呈してしまった自分の欠点を気にされてしまい、アウトになってしまうことがあります。

 

 しゃべりすぎないことを注意した上で、何をしゃべるのか?それを相手に聞くと良いです。つまり「御社ではどのようなスキルを求めていますか?どうしてそれを求めていますか?」とヒアリングをするのです。

 

【Pick Up】
50代の仕事探しの秘訣
50代の仕事探しで押さえておきたいポイントや秘訣が満載!

 

MSN産経ニュース

 

 相手が求めていることに対して、自分の経験が合致していればしっかり話しましょう。上方修正した経歴も、意外と本当にニーズとは無関係なものです。相手のニーズに応えること、これが面接のコツでなのです。