転職を後味の悪いものにしない為に。

転職は会社目線で見てみたら、一歩解釈を間違えたら個人のわがままや裏切り行動と取られかねない行動になってしまうという認識を少しは持っておく事が大切です。
目的とする会社に無事転職出来たり、採用にならなくても今の会社自体は辞めるつもりでいるのならば問題は無いと思いますが、もし落ちてしまい尚且つそのまま会社に残る形を取るのであれば、尚更上司や同僚に報告の仕方やタイミングは間違える事が出来ません。

 

転職に対し後味の悪いものにしない為にやってはいけない事は、引き継ぎなどの期間を十分に取らずに転職先から採用の返事をもらいすぐ辞めてしまう事です。それでは残された方達へのしわ寄せが大きくなり印象を大きく落としてしまう事になります。少なくとも採用となった場合に今の会社を辞める事になる日の2ヶ月くらい前には上司に話をしておくようにしたいものです。
またその際に決まらなかった場合残って働けるかどうかの確認もしっかりとしておくべきです。人材が不足してしまうのが避けられない業種ならば、会社としては次の人を募集し仕事を教える形を取らなければならないので、あなたが採用にならなかった場合辞めるのがマナーです。

 

本来は転職はしたいけれど、ダメだったから今の会社でいいやと働く事自体が保険をかけているようで会社に対して失礼な行為なのです。
転職を考えるなら辞めて無職の期間が出来ても次を探すんだという気持ちの覚悟があるという人でないと次の会社でも成功できないのではないかと思います。

 

【おすすめサイト】
http://xn--23-3b1eq28ejpq.net/
23歳のための転職要注意ポイント

 

リクルートホールディングス