転職活動にハローワーク利用

 転職活動で利用することも多いハローワークですが、このハローワークも上手に利用すれば、転職先を効率的に決めることができるでしょう。まず、転職したいと思ったらハローワークへでかけ、求人登録を行いましょう。この時点で自分が希望する業界や前職、学歴、職歴などを登録するのです。

 

 基本的には、備え付けのパソコンで求人票を出し、それを窓口に持っていくことで職場へ電話をしてもらい、面接の予約を取ることをするのですが、ひとつ問題があります。それは、ハローワークのパソコンは「一人あたりの利用時間が30分」しかないということなのです。たった30分では探すものも探せないと思う方もいるでしょう。

 

 ところが、それを効率的に行う手立てがあるのです。自宅のパソコンがインターネットに繋がっていれば、ハローワークのサイトを開き、そこから求人を検索することができるのです。求人票は番号が振ってありますので、その番号をメモするなり、求人票自体をプリントアウトして、直接ハローワークに行き、パソコンで改めて求人票をプリントアウトして窓口に行けばすぐに連絡をしてもらえます。こうすることで、転職活動にかかる時間を大幅に短縮することが可能となります。

 

 転職活動は民間を利用するという方も多いですが、最近のハローワークは職員の質も見直されており、労働局からの方もたくさん窓口業務を行っています。結果的に質は上がっているので、転職活動でこれまで避けてきた方も、ハローワークをもう一度見直し、存分に利用してみてはいかがでしょうか。