転職活動は短期決戦、攻めの姿勢で活動しよう。

転職は短期決戦のつもりで

 

 転職は時間をかけた分だけ成果があるとは限りません。一般的には、転職活動を開始して3ヶ月くらいで転職を決める人が多いようです。また、転職活動から6ヶ月以上になってしまうと、長期化してしまう傾向もあります。そういう意味でも、転職は長期戦ではなく短期決戦といえるでしょう。転職が長期化する要因の1つに、企業の選考には時間がかかるというのもあるでしょう。企業は応募者を募ってから、書類選考をして、その後に複数回の面接をします。

 

 そして最終的な選考を経て、採用者を決定します。このプロセスには、数ヵ月の時間を要します。そのため、転職活動をしている人にとっては、採否を待つ時間が生じてしまうのです。

 

転職は攻めの姿勢が大切

 

 転職活動が長期化することによって、精神的にも経済的にも追い込まれてしまうケースが多くみられます。転職活動を長期化させないためにも、短期的に集中して活動をする必要があります。応募した企業の採否を待つだけではなく、その他の応募先に攻めの姿勢で応募していくことが非常に重要です。

 

 転職活動は、期間を定めた目標をもつことによって、結果が出やすくなってきます。目標とする期間に、複数の内定を勝ち取るというくらの気持ちで積極的な活動をしていきましょう。