30代の転活術

30代の転職では夢を語るな!

 30代の転職であれば、初めての転職の人もいれば2度目、3度目の方もいるでしょう。会社という組織の仕組みもおぼろげながらわかってきて、自分の能力、得意分野、不得意分野、欲しい給料の額も明確になってきている頃でしょう。

 

 そうは言ってもまだまだあきらめたくないこともある、もう少し仕事でも私生活でも頑張れるような気もするこの年頃、一番やってはいけないのは、転職の面接で「夢を語ること」です。

 

 新卒だったら夢を語っても「やる気がある」で済まされますが、30代でやるとただの「イタい人」です。夢ではなく、社会人生活の中でどう現実と向き合ったか、夢と現実の溝をどう埋めたか、思い通りにいかなかったときにどのように工夫したのか、具体的に自分の言葉で語りましょう。周囲を巻き込んで現実を変えられた体験があればぜひ面接でアピールしましょう。

 

 あなたのコミュニケーション能力や、チーム力があることの証明になります。自分がした努力ばかり話すとマイペースな人かも、という印象を与えてしまいます。

 

 サラリーマンのうつ病が増えている今、会社が欲しいのは、「細く長く使えて、多少のストレスでもつぶれない人」「心も体も丈夫でメンテナンスフリーな人」が大前提なのです。夢を語る人は語らない人よりエネルギーがあり、向上心もある証拠なのですが、エネルギーの向けどころが外ではなく内に向いたとき、こういう理想に燃える熱い人はうつ病のリスクが高いのです。夢は私生活で叶えるとして、まず私生活を支える勤め先を手に入れましょう。

 

 

参考サイト
30代の仕事探しに重要な転職ノウハウ
30代の仕事探しをスムーズに進めるためのコツなど